伊豆観光「伊豆テディベア・ミュージアム」へ行ってきました!

※記事内に広告を含む場合があります。

国内旅行の格安予約なら【ビッグホリデー】

私が伊豆テディベア・ミュージアムへ行って一番良かったのは・・・

テディベア・ファクトリーで世界で1つ!自分だけのテディベアを作れた事です。

ぬいものが得意ではない私にとってぬいぐるみの後ろ数センチを縫うだけで、ぬいぐるみが出来上がるなんて!!さらに大好きなテディベアのエプロン、リボン、うしろのボタン、ハート❤を選んで自分だけのテディベアが作れるなんて行ってよかった以外ないです!!

伊豆テディベア・ミュージアムとは

ぬいぐるみの美術館「伊豆テディベア・ミュージアム」。

テディベア・ミュージアムのコンセプトは「テディベアの家」です。
テディベアを愛したおばあさんが、テディベアたちと一緒に住んでいる古い家。
そして、 ここを「日本におけるテディベアの故郷にしよう」という熱い思いで、このミュージアムを立ち上げました。

この家は、誰の心の中にもある幸せの感触をよみがえらせるに違いありません。
その幸せの感触をずっと大切にしていただくこと、それが私たちの願いです。

テディベアミュージアム (teddynet.co.jp)

展示室にはテディベアがたくさんいて、テディベア・ファクトリーで自分だけのぬいぐるみが作れ(要予約)、ミュージアムショップティールームクッキーショップがあり、私が行ったときには企画展として「となりのトトロのぬいぐるみ展」がやっていました。

伊豆テディベア・ミュージアムの撮影スポット

撮影スポットたくさんありました。

大トトロの前に木が置いてあり、小トトロの横に座って写真が撮れます。小トトロトンネルに入るとすぐにまっくろくろすけがいて、中にはネコバスがいました!大人はかがみながら進まないといけないくらい低く狭いトンネルです。クッキーショップ前には大人も見上げるおおきなおおきなクマがいます。

展示室

建物入った右側で入館料を払うのですが、その場所から天井右端を見るとまっくろくろすけ達がいるので、ぜひ見て下さいね😊1階には古いテディベアから新しいテディベアが数えられないくらいいました。テディベアがテディベアを作っているファクトリー、バスエキスプレスにはコンセプトがあるテディベア達が乗っています。

ぷくねずみ
ぷくねずみ

川奈ステンドグラス美術館と伊豆テディベア・ミュージアムとの共通チケット

川奈ステンドグラス美術館伊豆テディベア・ミュージアム、2館が観覧できるお得な共通チケットがあり、大人券のみ 2館 2,200円(税込)で購入できます。
※販売場所は川奈ステンドグラス美術館と伊豆テディベア・ミュージアムのチケット販売窓口です。

2階には映画トトロで出てきたサツキ、メイ、お父さん、ネコバス、小トトロなどがいました。べランダには外から見たトトロの後ろ姿が見えます。ネコバスは中に入って前から顔を出して写真撮ることができ、中は映画みたいに(笑)ふわふわしたネコバスに座ることができます。ジブリパーク大倉庫にあるネコバスのなかの座るところ、固かったです。ネコバスの中を通ったところに、こぐま神社があります。こぐま神社は神様、巫女、狛くま、など全部くまさんです。🐻おみくじもありました🐻。こぐま神社をぬけて道なりに進むと、階段を降りミュージアムショップに行きます。

👇ジブリパーク大倉庫に行った事書いています。ネコバスの出てきますよ(=^・^=)

ミュージアムショップ

テディベアやトトロ、他のぬいぐるみやグッズ等売っていました。

テディベア・ファクトリー

予約がいるワークショップです。テディベアトトロが選びます。テディベアはエプロンに日付と名前を印刷してもらえるので、先に考えておくといいと思います。

◆所要時間  約60分
◆募集定員 各回最大12名
◆参加料  6,380円(税込)
◆ワークショップの主な流れ

  1. 作りたいぬいぐるみを選びます。
  2. <テディベアの場合>Tシャツまたはエプロンを選びます。Tシャツに日付と名前を入れられます。
    <となりのトトロの場合>パーツを選びます。葉っぱに日付と名前を入れられます。
  3. ぬいぐるみに綿とペレットを詰め、形を整えます。
  4. 背中の綿詰め口を縫製します。
  5. 完成したら体重と身長を測ります。
  6. パスポート用に、作成したぬいぐるみの写真撮影を行います。
  7. 最後にお配りするパスポートに必要事項を記入して終了となります。
ぬいぐるみワークショップのご案内 | 伊豆テディベアミュージアム (teddynet.co.jp)

綿の入れ具合で顔の形とやわらかさが決まります。足や腕の関節部分に綿を多く入れると関節が曲がらなくなるのでご注意下さい。最後にリボン付けたら、エプロンのハンガーと作ったぬいぐるみを袋に入れてたら作成おわりです。次は身長体重写真撮影です。

ドライヤーで綿などのゴミを飛ばします。次に身長体重をはかりパスポートに記入します。先生もいて診察室かな?一緒につくったお友達のテディベアとベッドに寝かせて写真撮影😊最後に性格診断しました。私が作ったテディベアはお友達いっぱいほしいと考えているみたいです♡

「テディーズ・ガーデン」 

クッキーショップ

たくさんにクッキーの種類があり、もちろん🐻のクッキーもありました。ミュージアム内の厨房で手作りされているそうです。

ティールーム

クッキーショップ下にあります。ケーキやプティング、ブラウニーに飲み物・・・庭に面しているので、休憩するにはもってこいです。

伊豆テディベア・ミュージアム まとめ

車で行ったのですが、駐車場には警備員がいて誘導して下さいます。お子様づれやカップル、お友達同士など大人から子供まで興味を持てる仕掛けが多々あり飽きないつくりなっているように思いました。

テディベア・ファクトリーは私達以外みなさんトトロのぬいぐるみを作成されていました。針をつかえるかな?くらいのお子さんも数名作成されており、テディベアよりトトロのほうが時間かかるようです。

伊豆テディベア・ミュージアムの周りにお店が数件あるので、あたりを散策するのもおすすめです。

下記のジャムは宿の朝食で出て食べたのですが、嫌な甘さはなくてとても美味しかったのでお土産でも購入した商品です。一回分ずつ個包装なのでとても使いやすいですよ。

記事下

スポンサーリンク



旅行
kyoronoburoguをフォローする

コメント